2017年5月19日金曜日

書評 ラザク先生の戦後(3)

https://forum.lowyat.net/
topic/2890974/all
書評第3回目は、ラザク先生と「ルックイースト政策」についてエントリーしようと思う。
1970年、ラザク先生は再び語学研修所の講師としてKLに戻ってくる。76年には、RTM(ラジオ・テレビ・マレーシア)の教育番組に、ジャウィ(マレーシア語のもととっているアラビア文字表記)の講師として(週1回)1年間務める。翌年マレーシア国王から、語学教育への貢献と功績で「護国章」を与えられる。当時52歳、比較的若い受賞であった。その後もスルタンや政府からも名誉勲章を受けている。長男は語る。「父は、ことばで他者とつながろうとしていた。父がマレーシア語に加えて、日本語・英語がとても流暢であることは知られているけれども、それだけでなくタミル語も中国語もできたからね。父が日本語で話している時は、礼や相槌の打ち方まで日本人のようだった。」教師としてのラザク先生を知る人は口をそろえて「(ラザク先生は)異なる文化をたえず探求し、自らの精神を伝えようとしていた。」と言う。
ジャウィ文字 https://en.wikipedia.org/wiki/File:Johor_Bahru_Jawi_Latin_Street_Sign.jpg
ところで、独立後、マレーシアの日本大使館で日本語学校が開設された。大使館や日本語教師との交流が始まる。1978年、ラザク先生はシャーアラム(KLから車で1時間くらいのセランゴール州の州都)にあるマラ工科インスチュートに着任する。ブミプトラ政策の人材育成の本拠地のような処だ。82年、ラザク先生は、ルック・イースト政策プログラムに着任、講師としてプログラムの主任も務めることになる。日本の大学や高専に留学するコースと社会人を対象とした研修プログラムもあったそうだ。ラザク先生は、唯一のマレー系でメッカ巡礼経験のある年長者である。おのずとリーダーとして尊敬されていたという。当時50歳半ば、教師として円熟の域に達していて、学生たちにも大変に慕われていた。講義の準備は周到で、規律に厳格な先生としても知られていた。しかし厳しいだけでなく、冗談を交えペロッと舌を見せて学生たちの緊張を解く。教室は笑いが絶えなかった。学生たちからも戦中広島に行っていたことは知られていて、「ハジ・ラザク」(ハジはメッカ巡礼経験があることを示す尊称)と呼ばれていた。不思議なことに、ラザク先生の担当するクラスは試験の平均点が高かったという。厳格なラザク先生であるから採点が甘いはずがない。「それだけ授業の質が高いのではないか。」とスタッフは思っていたという。プログラム運営にも細やかに気を配っていた。早く日本に慣れるよう知恵をしぼった。始業前にラジオ体操をすることもそのひとつだったという。

当時の日本人スタッフの印象は、何事にも柔軟で、他人に無理強いすることなく、間接的に気づくように導いた。普段は気さくで物腰もやわらかいというものだったが、こんなこともあった。「大事な話がある。」とある日本人教師に改まって告げたときのことである。相手を座らせ、目をみすえる。そしておもむろに自分の人差し指で、机の上に置かれた相手の手の甲をピン止めするかのごとく、ぐっと押さえつける。再び相手の目を見て、深い声色で伝えるべき事をゆっくりと話し始める。たしかにこうされると、聞き手は体を動かすことができない。指一本で固定されたまま動けなくるのだから不思議である。ラザク先生の言葉に集中せざるを得ない。伝えられる言葉はたんなる音声を超えて、心を深く摑むことになる。著者もインタビュー後、お礼を述べ深々と頭を下げたとき、ふいに肩をつかみグッとつかみ力を入れて「気をつけて帰って下さいねえ。」と言われたとき、背筋が伸びた経験をしている。ラザク先生の子供たち、教え子たちは、こうやって育てられたのだろうと強く感じている。

…教師として、ラザク先生から学ぶことは実に多い。今日最後にエントリーした人差し指の指導には強い感動があった。私は、「姿勢を正して聞いてくれ。」という一言で、本当に重要な話をすることが多い。多くの教え子の読者は、なつかしく思うかもしれないが。こういう指導ができるようになったのは、やはり50代前後からの気がする。全人格で勝負する時には、その人なりの自分のスタイルができるのではないだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿