2018年7月19日木曜日

PBTの話(48) 中原中也

https://kotobank.jp/word/
ちょうど一週間前に、校内弁論大会があって、中原中也の詩を交えた弁論があった。私はなかなか良いと思ったのだが、入賞できなかった。あとで、激励しておいたけれど…。その時、学生が、中原中也(ちゅうや)と呼んでいた。うーん、”ちゅうや”ではなく”なかや”ではないか?と私は思った。しかし、ウィキなどでは”ちゅうや”になっている。最近は、そう呼ぶんだと思う。この有名な詩人については、ダダイストであるとか、ランボーの翻訳をしたぐらいの知識しかない。かなりデカダンスだと思うので、あまり私の趣味ではない。

ところで、今日、内のクラスのU君から、この中原中也の詩集の内容について質問を受けた。大学受験を控えた学生諸君だが、自分の専攻を決めるために様々な本に目を通すのは決して悪くない。U君は、最初ドイツ文学をやろうかなと言っていたのだが、日本文学にも大きな興味を持ち始めたらしい。しかし、それにしても中原中也とは…。

さすがに、その詩の意味を問われたが、正確には答えられなかった。その詩の背景を知る必要もあるし、まして詩には言霊がある。結局大雑把な解説だけはしておいたが、日本語の先生に改めて聞くように言ったのだった。(笑)今日、参議院の定数6増についての質問をJ君から受けたが、こちらの方がはるかに答えやすい。(笑)我がクラスにおいて、こういうアカデミックな世界を構築できていることに、大いに満足している。日本にいるより、はるかに面白いのである。

肉レンジャー

https://twitter.com/yoshinoyagyudon/
妻から教えて貰ったニュース。吉野屋のボツ企画から始まった外食産業5社のコラボレーション・『肉レンジャー』が面白い。真ん中のオレンジが言い出しっぺの吉野屋。右の赤が1番先に参加したガスト。さらに、その横の白が次に参加表明したKFC。一番左が野菜がウリの緑の3番目に手を挙げたモスバーガー。そして、吉野屋のライバル、黄色の松屋が最後に参加した。

これからこのコラボレーションがどう発展するのかわからないが、すでにネット上では、肉レンジャーの主題歌は誰が歌うのかとか、フィギアを是非景品にして欲しいとか、企画会議のような投稿が相次いでいる。(笑)

見事な脱構築のマーケティングである。これから先の展開が楽しみだ。
https://rocketnews24.com/2018/07/18/1092382/

2018年7月18日水曜日

PBTの話(47) 第一次講義終了

https://matome.naver.jp/odai/2139899857728455801
我がAクラスでは、総合科目の講義をとりあえず一通り終えた。最後の講義はエネルギー問題で、それもアメリカのシェール・ガスの話である。シェールガスの生産は、今やアメリカの天然ガス生産の30%を超えている。中小の開発業者のフロンティア精神は大したもので、一時期サウジが原油価格を下げ、つぶしにかかったが、生産技術の向上で生き残り、国際石油メジャーがこれらの中小の業者の取り込みにかかった。今や原油生産の10%くらいしかシェアを持たない石油メジャーだが、起死回生の経営戦略なのだろう。これでさらに、アメリカのシェール革命は成功に向かっている。シェールガスの価格は、国際価格よりかなり低価であり、このコスト減が、リーマンショック以来、中国沿海部なみの賃金に低下しているアメリカの労働者と融合した場合、アメリカの工業は国際競争力を復活させ、世界の工場・中国を脅かす可能性もあるという話である。

このシェールガスが、輸出に回されることになると、マレーシアは極めて厳しい立場に立たされる。日本は安い天然ガスを輸入するだろうし、マレーシアにとっては大きな痛手だ。遠くない将来、シェール革命が世界経済に風穴をあけるかもしれない。そんな話をしていたのだった。

12点の米国大統領が強気なのも、こういう背景があること、支持者であるプワーホワイトの現状などにもふれてみた。国際関係に興味のある学生にはかなり刺激的な講義だったようだ。

講義の後、これから11月のEJUまでに、どういう内容をしてほしいか、アンケートを実施した。あえて講義しなかった政治分野の選挙制度などは当然やるとして、もう一度復習をかねて第二次講義を行う予定なのだ。まずは、地理の自然(地形や気候)からかなと思って、パワーポイントをすでに用意しているが、この際わかりにくかった内容を書いて貰ったのだった。地理分野と政治分野が比較的多かったように思う。この時点で、自分がわかっていない分野をテキストを再読しながら再確認する作業は、意外に重要だと思う。

2018年7月17日火曜日

日本とEUは自由貿易を守る。

日本とEUがEPAに署名した。米国の敵と12点男に揶揄されたEUが日本と自由貿易を守ろうとしている。米国のポチである日本としては、少しばかり危険な賭をしたわけだが、現政権に多少なりとも批判的な私も、このEPAには賛成である。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071701041&g=pol

自由貿易の最大のメリットは、平和であると私は思っている。グローバルな自由貿易は、戦争回避に最も有効だ。1929年の世界大恐慌以後保護貿易化して、WWⅡが起こったことへの反省から、戦後の自由貿易体制が作られた。GATTからWHO、さらに各国間のEPAへと続く自由貿易を守る人類の叡智を私は支持したいのだ。よく、第三次世界大戦が起こるなどと言う人がいるが、米国と中国がいかに対立しても、経済的な結びつきがある故に、デメリットの方が絶対的に大きい故に戦争は起こらない。

新自由主義の経済思想の影響下で、世界全体に経済格差が拡大し、様々な軋轢が起こっている。ポピュリズムや偏狭なナショナリズムが台頭しているが、このグローバル化を白紙に戻すことは極めて難しいと思う。

米国の12点男は、保護貿易を推し進めているが、おそらくは中間選挙後にレイムダックとなるだろうと私は見ている。ヘルシンキの米露会談は、米国大統領の資質を問うような大失敗。支持者も含めたあらゆる階層の国民から批判が出ているようで、第三者としても、実に喜ばしい。米朝会談も米露会談も結局たいしたことはなかった。もうすでに、彼のプロレス的ゲーム理論は見透かされているようだ。早く来い来い、中間選挙である。

追記:秋田商業高校野球部は、O監督のもと初戦10-0で勝利。まずはめでたい。

2018年7月15日日曜日

夏の府予選 前任校が初戦突破

前任校は高校野球でも、公立の実力校として知られている。特に今年は、H君というプロのスカウトも注目するエースがいて、マスメディアの扱いも大きい。2回戦から登場した前任校は、私立の強豪のひとつで甲子園出場経験もあるK校に8対4で勝利したようだ。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/15/kiji/20180715s00001002172000c.html?feature=related(画像も)

高校野球は、強い方が勝つといったラグビーの試合とは違い、当日の投手の調子や打線の繋がりに大きく左右される。いくら、いい投手がいたとしても絶対ではない。しかも大阪府予選は私立の強豪が目白押しである。大阪にいた頃はヒヤヒヤしたものだ。それもまた高校野球の魅力である。公立の雄として、頑張って欲しい。

一方、秋田商業高校も16日に2回戦が初戦でいよいよ登場するようだ。こちらも、ガンバレ、アキショー。

ドリアンの季節なのだが…

マレーシアはフルーツ天国である。熱帯雨林気候で一年中雨が多いが、ちょっとだけ雨期とか乾期とか言われる時期もある。日本ような四季の変化は全く見られないのだが、フルーツには、それぞれ旬の季節があって、それが季節感みたいなものを運んでくる。

今は、ドリアンの季節で、タマンデサにも屋台のドリアン屋さんが出ている。(今日の画像は、先日撮ったブキッビンタン付近のもの)『猫山王』というのが、最も高級品らしい。だいたいRM30くらい(日本円に直すと900円弱)で1つ買えるみたいだ。

”みたいだ”と書いたのは、買ったことがないからである。マレーシアの先住日本人の皆さんは、一度おいしいモノを食べてみたら、絶対好きになると声を揃えておられるのだが、我が夫婦は、あの匂いが苦手である。鼻のきく妻は、かなり遠くからドリアンの存在を嗅ぎ当てる。(笑)私は、昔香港のコンビニでドリアンを買って食べてみたが、匂いよりモソモソとした食感に違和感があって、せっかくマレーシアにいるのに食べる事を拒んでいる次第。ちなみに同類のドリアン否定派の日本人も若干名おられる。

それより、最近はマンゴーに凝っている。マンゴーには、高いのから安いのまで、店に並んでいる。およその旬があるようで、よく見ると種類が時系列で変化しながら並んでいる。我が家の大好きなマンゴーは、レインボーという種類で値段も手頃で上品な味がする。ススは、あまり甘くないので二度と買わない。(笑)店に並んでいるのはタイからの輸入品が多い。パパイアも大好きだ。食感をもとに極めて日本人的なイメージを覆い被せてしまうと、マンゴーは桃、パパイアは柿と言う感じである。
レインボー・マンゴー https://ameblo.jp/ayaka-s-sg/entry-12273984991.html
マンゴーやパパイヤ以外にも、ドラゴンフルーツやジャックフルーツなどが食卓に上がる。つつましく生活しているが、フルーツに関しては、それなりに贅沢していると思う。

2018年7月14日土曜日

マラッカ・ジレンマ

マハティール首相が、中国の一帯一路戦略のひとつである東海岸鉄道の建設中止を発表した。前政権の親中国路線に楔を打ち込み、大国嫌いの面目躍如といったところである。
この東海岸鉄道は、KLーシンガポール高速鉄道計画と違い、そもそもマレーシアにとって、あまり経済的価値はない。もちろん東海岸の開発は進むかもしれないが、経済効果は薄いとされている。沿線の人口が少なすぎるのだ。

この東海岸鉄道を中国が進めたい真意は、マラッカ・ジレンマと呼ばれる地政学的問題の解決にある。マラッカ海峡は未だ米英の軍事的な支配下にある。
もし、この海峡が封鎖されると、中国の貿易(特に石油の輸入)は大打撃を受ける。そこで、マラッカ海峡に面するKLの外港クランと東海岸のクアンタンを結ぶ鉄道を建設するという計画だ。一時は、クラ運河構想というのもあったらしい。このへんの長期的な発想は中国らしい。

ともあれ、まずは、マハティール首相はこの計画を中止とした。ただ老練な天才的な政治家故に、これから先は、どう動くのかわからない。新首相には私心などなく、マレーシアの国益しか脳裏にはないはずだ。中国同様、中長期的な視野で判断するに違いない。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13341