2017年9月22日金曜日

パパイアの値段

http://papaya-univ.com
/sociology/agri/race
朝から晴天のイスラムの元旦である。晴天というといいように聞こえるが、ストロングな太陽光線の下、歩いてDマートに買い物に行くのには難儀である。曇ってくるのを待っていた。ちょうど良い具合になったので、出かけたのだ。

私は、あまり運動をしない。コンドのプールにも長いこと行っていないし、ジムにも行っていない。この買い物くらいが運動である。帰路は坂道なので、ちょっとばかり汗をかく。

マレーシアのスーパーは、パックに入った野菜や果物以外は、プラスチック・バック(ビニール袋)に入れて重さで決まる値段のシールを貼って貰うシステムである。パパイヤやドラゴンフルーツなどその日の値段が1kg何リンギというふうに書いてある。今日はパパイヤが特に安かった。熟れ具合を見てこれぞというパパイヤを選ぶ。最近はローカルの人並みに品定めができるようになった。

さて、買い物を終えてレジに行ったら、レジ係のミャンマーの青年がパパイヤを見てなにやら他の店員に言っている。「?」後で解ったのだが、パパイヤにRM33もの値段が付いていて、彼が不審に思ったのだ。もう一度値札をつけ直してRM2.2。(笑)店のミスとは言え、彼の機転に感謝である。タマンデサのDマーケットは、完全にジャパニーズ・スタイルである。なんだか、嬉しくなってくる。

2017年9月21日木曜日

明日はAwal Muharam

マレーシアを代表するモスクの1つ。シャーアラムのブルーモスクである。
https://www.easyparcel.my/blog/announcement/holiday-
notice-awal-muharram-coming/
明日は、マレーシア国内はイスラム歴(ヒジュラ歴)の1月1日なので休日である。どういうわけか、昨年度の休日予定から変更が生じて、今日から明日に変更になった。多くの先生方は3連休だが、私は土曜日に補習があるので、明日はとりあえずの休息日である。

国連総会での米大統領の演説は、政権のナショナリズムを基調に、北朝鮮への強烈な対抗姿勢を明確にした。とはいえ、まだまだ問題解決には余裕を持たせている。片手に戦術核、片手に対話歓迎といった感じだ。ドイツのメルケル首相は、ガツンとアメリカの非対話姿勢を批判した。日本の首相はポチとして飼い主と共に吠えて見せた。韓国はこのタイミングで北朝鮮への人道支援を行うと発表した。先日までB1Bと韓国のF15が爆撃訓練をしていたというのに、である。中国は、唐突に日本への観光客規制を表明。うーん、まったくのリゾーム状態である。それぞれが勝手な方向にベクトルを向けているような、なんとも非コード的な国際情勢である。

これまで、ISを中心としたシリア・イラク情勢がクローズアップされてきたが、一気に北朝鮮へ。さらにロヒンギャの問題へとシフトしている。マスコミの光のあて方にもよるのだろうが、日々刻々変化していく。まさに情報リテラシーが重要だと思う。

ともあれ、明日は休息をとるつもりだ。

2017年9月20日水曜日

IBTの話(126) マレーシア語

日本人会の無人古本コーナーに、「ニューエキスプレス・マレー語」(白水社)というマレー語を学ぶためのテキストがあった。CD付きで、本来の価格は2700円である。これをRM5で買った。妻が、以前から興味を持っていたので買ったのだ。日本人会のサークルにもマレー語講座があって、妻は日本人会に入るとしたら、この講座に参加したいと以前言っていたのだが、日本人会に入ることに躊躇して1年たつ。と、いうわけで私は買って帰ったのだ。

言うまでもなくマレー語は、マレー系の人々の言語であり、マレーシアの「国語」である。よって、わがクラスの中華系の学生も当然習得している。しかしクラス内は中国語(と、いっても広東語や客家語、潮州語などの違いを止揚したマレーシア独特のの中国語らしい。)が飛び交うのみで、マレー語をほとんど聞くことはない。

授業で、ちょっとシーク教の話が出てきて(確か日本国憲法の信教の自由についてのEJUの問題を解説していたときだと思う。)、「グル」について語っていたら、「それ、マレー語では先生という意味です。」と教えてくれた。「○○先生」という時ではなく、「私の職業はグルです。」というふうに使うのだそうだ。なかなか面白い。マレー語にはインド系の語彙も入っているようだ。普段使わないので意外に感じたが、彼らは当然マレー語も堪能なのだ。

ところで、このマレー語という表現は正しくない。普通に使われているのだが、私が尊敬する日本留学の先駆者であり、マレーシアの日本語教育の先駆者でもあるラザク先生は、「マレーシア語です。」と主張されている。マレー系の人たちの言語ではなく、マレーシアの国語であり他の民族にとっても国語であるから、という意味合いが含まれているのだ。したがって、私は今回あえてマレー語という表現をしたが、本来はマレーシア語と書くべきなのだ。

そのラザク先生(お亡くなりになってからはご子息)は、我がIBTの株主でもある。おそらくIBTからお願いして株主になっていただいたに違いない。ラザク先生のご一家は、その配当を全て本校の奨学金として毎年使われる。これがラザク奨学金である。今日、その募集要項の発表があった。私費生で、経済的に奨学金が必要な優秀な学生にRM5000が、大学入学前の物いりな時期に贈与される。今現在で日本円にすると13万円以上になる。校内選考の後、ご子息との面接もある。日本語での出願理由書とマレーシア語もしくは英語の翻訳が必要である。我がクラスからも是非、この名誉ある奨学金を受けて欲しいと思っている。

2017年9月19日火曜日

IBTの話(125) 再テスト AR

リトルロック高校事件の時のTIME 誌
https://ja.wikipedia.org/wiki/
総合科目の授業では、テキストにある練習問題を解答している。地理、歴史、経済の分野を終え政治分野に突入した。アメリカの政治体制については、毎回のようにEJUで出題されているのだが、州の独立と連邦政府との関わりの問題があって、いつものように脱線してしまった。

アーカンソー州のリトルロックの高校に黒人生徒が入学するハナシである。州知事がぞれを認めず、州軍と連邦軍がにらみ合ったという事実を語ったのだった。公民権運動についてもすでに語っているので、なるほどというわけだ。私などは、「そんなことをしたら、あーかんぞう。と言って連邦軍が来た。」などと関西弁の混じったシャレを言ったのだが、大爆笑になった。それだけ、日本語能力が高まっていると言うことである。

ところで、わがIBTでは、日本語の授業で多くの宿題やテストがあって、学生は毎日ヒイヒイ言っている。小テストやまとめテストで正解率80%を割ると再テストになる。昼休みなどに職員室で合格するまで受け続けなければならない。語学を学ぶというのはこういう地道な努力の積み重ねで、極めてパラノな戦いなのだ。その再テスト、K先生がずいぶん溜まっている学生がいるという。昼休みにそのリストを見せて頂いた。

今日の補習は社会だったので、再テストを受けてない学生は、まず再テストを受けるよう指導した。日本語の力の上に総合科目はあるからである。結局、7時まで私は残ったのだが、K先生の指導はさらに続いたのだと推測される。熱心なご指導に頭が下がる思いである。かなり後ろ髪が引かれたが、明日のこともあるので帰宅の途についたのだった。

再テストを貯めたら、あーかんぞう(アーカンソー:州コードはAR)。

2017年9月18日月曜日

朝の650番バスの風景

住処から見たタマンデサ中心部の風景
私の住むタマンデサには、650番のバスが走っている。時刻表などないし、極めて不安定なスケジュールで走っている。だいたい7時15分頃にバス停に立つ。今日などはすぐにバスが来たが、誰も乗っていない。摩訶不思議である。推測だが、タマンデサの最初のバス停が始点なのだと思う。私の乗るバス停は2つ目だからさもありなん。無人のバスに乗り込むのはなんとなく不安である。(笑)

普段は、陳さんという同じコンドに住む中華系の壮年や、インド系の壮年(2人いる)と同じバスに乗る。インド系の人はコンドの前でバスが来るのを待ってくれていて、来たらバス停に向かってくる。「coming Soon!」と合図してくれる。1ヶ月前くらいから中華系の若い女性も朝のバス友の仲間入りをした。いつも携帯を見ているので挨拶程度だけど。

バス停で待っていると、少し背の低いバングラディシュ人かインドネシア人の清掃スタッフが姿勢良く歩いてくる。なんとなく挨拶をするようになって1年以上になる。同じく、2人組の青年も来る。彼らと会うのはバスがかなり遅れている証拠だ。(笑)最近二人とも自転車に乗ってくる。給料を貯めて買ったんだと思う。いつも笑顔で挨拶する仲だ。

バスに乗っている人々も顔なじみだ。どこで乗り、どこで降りるのかもだいたい知っている。(笑)先日、新しい愛想の良い運転手が、道を間違えるという事件があった。乗っている乗客は大騒ぎ。みんなで左へ迂回すべきだとワイワイ言っていた。普段はみんな大人しいのだけれど、緊急の場合はそうでもない。結局、Dマーケット前のバス停には寄らず、2人ほどの待ち人は見捨てられてしまったのだった。日本では考えられないハナシだ。

IBTの国費生の寮になっているコンド前のバス停からも多くの人々が乗ってくる。その次のバス停は、インド系の人が多い。満員状態になる。ここで、時々目の不自由な中華系のご婦人が乗ってくる。民族を問わず、必ず優先席に座らせる。タマンデサをぐるりと一周して、いよいよミッドバレーへ向かう。バイクがバスと車の間をすり抜け走り去っていく。日本であんな運転をするとえらいことになるが、みんな平気だ。私がこっちで車を持たない最大の理由である。ローカルバスはいろいろあるけれど、やっぱり好きなんだなあ。

2017年9月17日日曜日

アメリカの先制攻撃ナシ論

アントニオ猪木が帰国してから、北朝鮮がまたまたミサイルを撃って、正距方位図法で見ると、グアムに十分な距離まで飛ばして見せた。今回も日本は迎撃しなかった。それでいいと思う。ここに来て、WEB上では、アメリカは先制攻撃など出来ないという論調が強くなってきた。

たとえば、これまでのアメリカの戦略で、空母の数が少なすぎるという軍事的な見方がある。リビア空爆時は3隻、湾岸戦争時は6隻。アフガン攻撃時は4隻、イラク戦争も6隻。北朝鮮の航空戦力はたいしたことはないが、イラン製のレーダーとロシア製のコピーの地対空ミサイルを配置している。西太平洋にある空母の現状はロナルド・レーガン1隻。他は中東に展開中だったり、訓練中だったり、ドッグで整備中。口でいくら過激な発言をしようと、本気でファイティングポースすら取っていないことは確かだ。
http://bunshun.jp/articles/-/4065?page=2

空母なしで、先制攻撃するとはちょっと考えにくい。グアムや在日米軍基地からの限定的な攻撃で片が付くとは思えない。まして、ハリケーン被害も重なってアメリカの内政がここにきて大きな危機を迎えている。まあ、完全に北朝鮮にその辺を見透かされている。

今日、衆議院の年内解散という話が出てきた。と、いうことは益々アメリカの先制攻撃なしという推論が正しくなる。国家の非常時に衆議院解散はありえないからだ。おそらく、官邸はアメリカから先制攻撃なしという言質を得たのではないかと私は思う。北朝鮮が自ら先制攻撃をすることは自殺行為に等しい。よって、いくら過激な発言をしてもないといえそうだ。危ないのはアメリカの方である。予防戦争などと言う理由で日本や韓国が被害を受けることは徹底して避けるべきだ。衆議院の解散云々はともかく、戦争回避できるならそれでいい。

2017年9月16日土曜日

マレーシア・デーに想う

https://www.askideas.com/16-september-malaysia-day-malaysian-flag-facebook-cover-picture/
マレーシア・デーである。休日なのだが、KLでは先日の独立記念日とは盛り上がりが全く違い、静かだ。今日は、ボルネオ島のサバ州・サラワク州がマレーシアに国民投票で連邦に参加が決定した日なのである。(シンガポールは後にマレーシア連邦から離れた。)

サラワク州は大幅な自治が与えられていて、KLから旅行するにはパスポートを持っていかねばならない。しかも日本人なら3ヶ月入国可能だが、半島部のマレーシアのパスポートなら2週間に限定される。これは、サラワクの民族構成・宗教構成が半島と異なり、マレー系はガバナーでありながら少数派であるためだ。イバンの人々など先住少数民族がマジョリティで、アニミズム信仰も多いし、キリスト教徒も多い。実際、IBTにも、サラワク出身でキリスト教徒のマレー系の国費生も学んでいる。要するに半島部とはかなりの違いがあり、経済的な格差も大きい。10年遅れていると言われ、政府も開発に力を入れている。先日紹介した「マレーシア新時代(三木敏夫著)」にも、このあたりの事情が書かれていて、気になるところである。

私はもちろんボルネオ島には、行ったことがないので大言壮語するつもりはないが、マレーシアを理解する上でもかなり重要な地域であると思っている。