2017年10月17日火曜日

「美しい日本の私」から49年

川端康成がノーベル文学賞を受けたのは、1968年の10月17日だそうである。WEBを何となく見ていて、時事通信社の「今日は何の日」に載っていた。川端康成のノーベル賞受賞講演「美しい日本の私」は有名である。

このタイトル、”美しい日本「の」私”が深い。「と」ではなく、「の」であるところが重要である。幾度となく、小論文指導などで語ってきた。残念ながらマレーシアには、この講談社現代新書を持参してはいない。ウィキで調べてみたら、意外なことが書いてあった。この講演については、川端康成がスウェーデン到着後もずっと書き続け3日も徹夜したそうだ。さらにこの翻訳に関しては、コペンハーゲン大学の仏教学者・藤吉慈海氏が関わって事なきを得たとある。

この藤吉慈海という仏教学者を私は知っている。久松真一門下であり、禅と念仏の共通性を探ろうとしていた人だ。自力本願の禅と他力本願の念仏。同じ仏教でありながら、修行方法については、極めて二律背反しているわけで、不思議な研究をしている人だと思っていた。その藤吉慈海氏が「美しい日本の私」の翻訳を影でささえていたわけだ。確かに、多くの仏教用語が在中している。どう翻訳すべきかは、専門的な知識抜きではありえない。

…意外な発見をしたのだった。

2017年10月16日月曜日

IBTの話(132) 空仮中の三諦

四門出遊 http://www.shop700.com/news/shuhua/zixun2060.html
このところ、EJUの模擬問題をやっている。ある問題で、上座仏教が云々という解答があって、学生から質問が出た。「小乗仏教ではありませんか?」さすが、ブディストが多い中華系の我がクラスである。意外に詳しい。ムスリムが大勢のB組でも、仏教に興味があるようなので、仏教の基本テーゼ、仏陀とは人間であるから説いて、30分くらい脱線してしまったので、普通でも遅れている我がクラスでは、ここはさらっと流そうと思っていたのだが…。

結局、みんなの知識を試してしまった。四苦八苦を知っているようだ。私が八苦を怨憎会苦からどどどっと漢字で書いたので、「おおおおっ」という歓声が起こった。四門出遊の説話もしっているようだった。日本人の生徒よりはるかに知っている。さすがに、アーラダ・カーラマの「無処有処」やウドラカ・ラーマプトラの「非想非非想処」は知らなかったが、「菩提樹」を知っていた。調子に乗って、結局「空・仮・中の三諦」まで説き、ついでにインド哲学や様々なヨーガなども説いてしまったのだった。EJU前の貴重な時間だったのだが、学生は大いに喜んでくれて普段以上に盛り上がった授業になった。

仏教に関して全くの白紙で一神教徒であるムスリムのマレー系の学生と、ブティストが多い中華系の学生では、仏教を語るにしても教授法には大きな差異がある。これまで、学んできた宗教学の知識を総動員して対応するのは、実に面白い。彼らも隣人の宗教には大いに興味があるようで、マレーシアに来て実によかったなあと思う次第。

2017年10月15日日曜日

インフレが起こらない原因考

アマゾンの集配ロボット http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/06/news107.html
ロイターのWEB版に、田巻一彦氏の「物価上昇を阻む構造変化、背景にグローバル化と技術革新」というコラムが載っていた。先日も指摘した日銀の黒田総裁が微妙な言い方をしていた「景気は悪くないが、2%のインフレターゲットになかなか届かない現象」に対しての考察である。田巻氏は、リフレ派のFRBが一時的だと言うのに対し、根底に大きな構造変化があると見る。以下、私なりの要約。

まず賃金の安い途上国から輸入される製品が影響しているのではないかという点。いわゆる日用品の分野の価格に影響を及ぼしている。このことが、国内製造業の賃金抑制を誘発しているし、非正規雇用を増やし総労働コストを下げる方向に圧力をかけているというわけである。

もう一つは技術革新の問題である。ロボットなどの普及で単純労働的な労働者雇用の必要性が低下、またATの活用が荷物の集配での荷さばきなどの労働の雇用を劇的に奪っている。(今日の画像はアマゾンの集配ロボットである。)

こうした現象はさらに加速する可能性が強い。特に、デフレ感が強く、しかも少子高齢化社会の日本では、AIによる雇用のカットもあまり重視されない故に、欧米の先進国以上に物価押し下げ圧力は強いことを視野に入れるべきである。
http://jp.reuters.com/article/column-price-tamaki-idJPKBN1CK04N

…なるほど。昨日もエントリーしたが、こういう構造的な社会変化に逆らって、インフレターゲットを定め、インフレ=好況、デフレ=不況というドグマにとらわれるべきではない。なにも国債を買いオペして量的緩和などする必要はないと私は思う。それより財政の健全化を図るべきだ。そうでないと2~3年後には取り返しの付かない国難がやってくる気配だ。経済の素人である私などが論ずるまでもないが、理性的な政治判断を請う次第。

2017年10月14日土曜日

世阿弥の「初心」

http://diamond.jp/articles/-/145714
ダイヤモンド・オンラインのWEB記事で、「能」の話が載っていた。普段なら読まないところだが、先日生まれて初めて「能」を見に行った。それもマレーシアで…。(9月27日付ブログ参照)そんなこともあって、かなり現実感を持って記事を読めたのだった。まさに百聞は一見にしかずである。
http://diamond.jp/articles/-/145714

記事自体、かなり面白い。観客は能の舞台を想像して楽しむ。太鼓や鼓、笛などの音響も当日の天候をも含んだバランス感覚に富んでいるとの指摘も面白い。だが、私が最も感じ入ったのは、650年の歴史を持つ「能」を支えてきた世阿弥のコードと呼ぶにふさわしい言葉である。

それは「初心忘るるべからず。」である。この言葉は、基本的に始めたときの初々しい気持ちを忘れるな、という戒めとして一般には受け止められているが、世阿弥の言うところは違うとのこと。初心の初という漢字は、衣編とつくりは刀から出来ている。これは、まっさらな衣(生地)に刀(ハサミ)を入れることを表している。折ある事に古い自己を裁ち切り、新たな自己として生まれ変わらなければならないという意味だそうだ。実際、「能」はこれまでに4度の「初」を経験しているらしい。派手好きな秀吉時代に重要量感のある現在のような装束になり、江戸時代初期には急に「能」のスピードがゆっくりになった。それ以前は2~3倍ものスピードで、ラップ&ヒップホップダンスの如きものだったらしい。さらに、明治、戦後とさらなる進化を遂げ現在に至る、とのこと。

こういう話は、教養という意味でも、日本文化の特質としても実に面白い。授業のネタに使おうかなと思う。とにかく今日は、F君のW大合格の報に私のテンションが異常に高いのだった。(笑)

財政再建を誰も言わない。

http://core-net.jp/world-
situation/prophecy-of-
failure-of-avenomics/
東洋経済のWEB記事「日本の破綻は、もはや杞憂とは言い切れない」(経済ジャーナリスト/岩崎博允氏)で、日本の国債の行く末の危うさを説いている。要するに、リフレ派の経済政策で、インフレターゲットを設定し、デフレから脱却しようとしているアベノミクスを、今回の選挙では誰も批判していないという主張である。
http://toyokeizai.net/articles/-/192635

おりしも、今日、G20の財務相会議が閉幕したが、例の失言の多い蔵相は総選挙のために欠席。日銀法の改正で政府が自由にクビを切れるようになった独立性のない黒田日銀総裁が出席した。総裁は、世界経済が上向く中で、各国が財政再建を進める中、日本だけが2020年までの基礎的財政収支の黒字化目標を先送りしたことを説明し、(各国からは)強い異論はなかったと言っている。

おそらく、総裁はWEB記事にあるような危惧を当然知っているはずである。”我が身かわいさ”は、元民進党で今は希望の党になった政治家とあまり変わらない。「強い異論はなかった。」という言質から、日銀の金融政策方向性に絶対の自信があるとは感じ得ないのは私だけではないだろう。反対に、「思ったより間違いを責められなかったので(自分としては体面を保持できたので)よかった。」というふうに受け止められる。

日本の国債を量的緩和策で日銀がどんどん買いオペしている。2%のインフレターゲットに届かないうちに(そもそもインフレって素つり出すことが出来るのだろうか?)、全ての市中の国債を日銀が買い上げるようなことになりそうだ。日本の財政は異常事態であることは間違いがない。しかも、消費税のUPは、そもそも財政再建のハズだったのが、首相はさらに最低所得保障制度に使うといいだした。選挙で票を稼ぐための策だと思われるが、これでいいのか。日本が破綻したとき、誰が責任を取るのだろうか。おそらく、日本の資産を狙って欧米の投資家は舌なめずりしているように私は思う。

IBTの話(131) W大合格の報

朝から、EJU直前の土曜日補習だった。歴史を基軸に政治・経済の総まとめと言うことで、ドイツのWWⅠからWWⅡにかけての「ドイツの31年戦争」を講じていた。全権委任法が三権分立を破壊し、ワイマールの基本的人権を破壊し、法の支配から人の支配へと移る様を90分で描いて見せたのだった。これまでの学習の総復習といった感じだ。

さて、一昨日が我がクラスのW大受験生F君の発表日だった。珍しく封書のみで発表されるとのことで、日本からマレーシアまでの郵便の所用時間を考えると、「この土日かなあ。」などと話していたのだった。ついさっきまで、補習を受けていたF君から電話があって、お母さんからのメールでわかったらしく、合格の報を受けた。いやあ、嬉しい。超難関私大・W大である。

そういえば、今まで、W大を受験した私の教え子は、F君を入れて3名。実は全員合格してくれている。私とは妙に相性がいいのである。「二度あることは三度ある。」などという日本のことわざを教えたりして励ましてきたのだった。
…いやあ、嬉しい。今週の疲れが全部ふっとんだのだった。

2017年10月13日金曜日

IBTの話(130) 進路指導の話3

今回願書を送ったS大学 https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/1290/index.html
今週は、極めて多忙な週だった。国立大学で出願の早い大学もあって、出願の書類の件で走り回っていた。いくら日本語検定で1級や2級を取っていても、大学の出願にまつわる様々な日本語は難しい。学生諸君も懸命に募集要項を見てもわからないことも多い。まして、今回はエージェントが変更になっての初回なので早めに日本に送付することになった。エージェントの住所の最後に「~様方」と書くことや、封筒の宛名の宛の字を消して「御中」と書くこと、縦書きに封筒に住所を書く際の棒線は縦か横か?など、考えてみれば日本人が普通にやっていることが難しかったりする。

とにもかくにも3通の入学願書を一気に仕上げて、日本に送る段取りをしたのだった。

一方で、小論文指導も続いている。志望動機などは日本語のK先生にお願いしているが、社会科学的な小論文の指導は私だ。様々な仕事がどどどっと押し寄せている。いよいよEJUまであと1ヶ月を切った。